受験のための勉強は目標を定める

受験のための勉強は目標を定める

受験のための勉強は目標を定める

学生時代には中間テスト、期末テストと定期的にテストが用意されていました。普段からきちんとテストの準備をしている人もいれば、テストの直前になって始める人もいます。でもどちらにしても一定期間に行われることによって、その知識を身につけることができるということです。もし単に授業が行われるだけになると、知識を得ることなく卒業してしまう人もいるかもしれません。将来に目標がある人はそのために行うことができますが、目標がない人にとっては苦痛のことになってしまいます。定期テストはその苦痛を和らげてくれるものということができそうです。
大学受験というとき、いつから目標を定めるかによってその成果に違いが出てくるのではないかと思われます。人によっては小学生の頃から意識をしているという人もいます。ある大学入学するには、ある高校に行かなくてはいけない、その高校に行くために中学も選ぶ必要がある、そのために何をすれば良いかを考えているということです。一方で高校2年生ぐらいになってやっと大学のことを意識する人もいます。10年近く考えている人と、1年ほどしか考えていない人とでは大きく差が出てくるということになります。気がついたときに目標を定めるのが良いです。
目標の定め方としては、大きな目標を掲げてそれに向かって勉強するということがあります。小学校のうちからある特定の大学を目指すということです。一方小さい目標を間に挟んでいくということもあります。小学生であれば中学校の受験であったり、高校の受験があります。さらに模擬試験などもあります。そういった小さい目標を立てて、それを少しずつクリアしていくことで階段を上っていくということです。少しずつ行っていけば、修正が効きやすいということがあります。中学の受験で思うように行かなくても高校の受験で修正をしたり、高校からの対応で修正をすることができる場合があります。その過程で目標自体を変えていくということもあります。